ユースカジノの歴史をオンラインカジノの歴史から大公開!

ユースカジノ

ユースカジノの歴史はあまり長くないからこそ信頼性が不安な人もいるよね?今回はユースカジノの歴史の観点から安全性を確認していくよ!

ユースカジノはEASYとNORMALの2つのプランの中から1つのプランを選択してアカウント登録ができるオンラインカジノです。

選択したプランによってプレイヤーの入金や出金、ボーナス、VIPプログラムなどの制限内容が変わります。

ユースカジノで登録するプランごとの違いについては下記記事で紹介していますよ。

ユースカジノの登録方法|EAZY版とNORMAL版の違い徹底比較!
⇒ユースカジノ公式サイトからゲームをチェック! ユースカジノの登録方法をEASYとNORMALに分けて紹介するよ! ユースカジノは2020年7月にできたオンラインカジノです。 E...

ユースカジノに登録する前に気になるのが安全性ですよね。

違法なサイトに登録したらプレイヤー側も逮捕される危険性がありますからね。

今回はユースカジノの歴史から安全性を確認します。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは1994年にアンティグア・パーブーダという小さな国でオンラインカジノライセンスの発行が認められたところから始まりました。

ライセンスの発行が認められてから実際にオンラインカジノが提供され始めたのは1996年です。

2022年現在、オンラインカジノが誕生してから25年ほどとそこまで歴史が長いわけではありません。

そもそもオンラインカジノが発達したいのはインターネットの普及が大きな要因です。

インターネット環境が整っていなければオンラインカジノはプレイできませんからね。

オンラインカジノ自体の歴史はそこまで長くはなく、日本でも現在では耳にする機会も増えましたが、発足当初にオンラインカジノの存在を知っていた人は少なかったでしょう。

オンラインカジノの歴史に重要な役割を果たしているライセンスについては下記記事で紹介していますよ。

ユースカジノの運営ライセンスから安全なオンラインカジノか確認!
ユースカジノの運営ライセンスから安全性を確認するよ! ユースカジノは2020年に運営を始めたオンラインカジノなので、まだまだ歴史としてはあまり長くありません。 どんなサービスを利用するのにも、歴史...

オンラインカジノの歴史自体特別長いわけではないよね!

ユースカジノの歴史

オンラインカジノが提供され始めたのは1996年ですが、ユースカジノの歴史は2020年7月からです。

ユースカジノはオンラインカジノの歴史の中でもまだまだ新規サイトであると分かります。

ユースカジノの歴史は、オランダ領キュラソー島に拠点を置くSector Media N.V.がライセンスNo.8048/JAZを取得したのが始まりです。

ライセンスの取得を行ってから運営を始めなければ、ユースカジノは違法なサイトになってしまいますからね。

ユースカジノは歴史が浅い分、古くからあるオンラインカジノにはない新しいサービスの提供ができます。

インターネットが普及している今だからこそできるサービスの提供がユースカジノの持ち味ですね。

本人確認不要のプランを提供しているオンラインカジノもかなり珍しくユースカジノならではのサービスと言えますよ。

ユースカジノはオンラインカジノの中でも新しい方だよ!

ユースカジノの運営会社の歴史

ユースカジノの運営会社Sector Media N.V.はキュラソー政府から正式な認可を受けて運営を行なっています。

ユースカジノ自体の歴史が短いため安全性の証明につながらないのではと考えている人も多いと思います。

ですが、ユースカジノの運営会社Sector Media N.V.はユースカジノ以外にもオンラインカジノ運営経験の歴史があります。

Sector Media N.V.は2018年にワンダーカジノの運営を開始した歴史があります。

ワンダーカジノは現在でも運営を続けており、ユースカジノはワンダーカジノの2年後のオープンとなっています。

2022年4月18日にはミラクルカジノという新規カジノもオープンしていますよ。

Sector Media N.V.が運営していたオンラインカジノが運営停止になったわけではないので安心して利用できます。

万が一、ユースカジノの運営会社がいくつかのオンラインカジノを運営しているにも関わらず、過去にサイト閉鎖などの歴史があったら、過去に違法性のある行為を働いていた可能性を否定できないですからね。

その点、ユースカジノの運営会社Sector Media N.V.は違法性を疑われた歴史がないため信頼できますよ。

ユースカジノの運営会社はユースカジノ以外にもオンラインカジノを運営しているよ!

ユースカジノの歴史以外の安全性

ユースカジノでは歴史の観点以外からでも安全性を確認できます。

続いて、歴史以外の面でのユースカジノの安全性を証明するものを紹介します。

運営ライセンスの取得

先ほどもちらっと紹介しましたが、ユースカジノではキュラソーライセンスを取得した上で運営しています。

オンラインカジノの歴史はアンティグア・パーブーダでのライセンス発行が認められたのがきっかけとお話しましたが、ユースカジノが取得しているキュラソーライセンスは1996年から提供をしている歴史があります。

ライセンス発行開始から2年目以降ずっとライセンス提供を続けているのでキュラソーライセンスは安定感がありますよね。

現在では、オンラインカジノライセンスの中でもキュラソーライセンスの人気が高いです。

キュラソーライセンスは審査基準が明確である以外にも、仮想通貨の利用が可能というメリットがあります。

ライセンスの規定によっては仮想通貨の利用が禁止されているところもあり、仮想通貨ユーザーさんにとって仮想通貨が使えないと入出金に弊害が出ますよね。

その点、ユースカジノが取得しているキュラソーライセンスは、歴史が長く安定感があるだけでなく、プレイヤーが快適にプレイできる環境が提供できるライセンスのためオンラインカジノ側だけでなく、プレイヤー側からも人気があります。

ユースカジノはライセンス取得しているから安心だよ!

ギャンブル依存症の予防

ユースカジノではギャンブル依存症の予防策も提供しています。

そもそもライセンスの発行自体、プレイヤーがギャンブル依存症にならないための対策としてプレイヤーが安全にプレイできる環境の提供にも繋がっています。

ユースカジノではプレイヤー自身がギャンブル依存症にならないように自己排除設定を設定できます。

ギャンブル依存症になると自分でプレイを制限できず、自然とユースカジノへアクセス、プレイをしてしまう可能性が高いですよね。

ユースカジノではプレイヤー自身がギャンブル依存症になる可能性がある場合、ユースカジノのサポートに連絡すると6ヶ月以上一時的にアカウント凍結ができます。

ユースカジノでは永久的なログイン制限もできますが、期間を設定したログイン制限によって一定期間ユースカジノから距離を取れるので自分とギャンブルとの関係性を見直す機会を作れます。

ユースカジノ側にとってはプレイヤーがギャンブル依存症になればユースカジノ側がより稼げる可能性が高くなるのでメリットが多いですが、プレイヤーの生活環境を優先とした対応をおこなっているため安全性が高いと判断できますよね。

ユースカジノではギャンブル依存症にならないように対策ができるよ!

ギャンブル依存症への対応

ユースカジノではプレイヤーがギャンブル依存症になっている可能性があった場合に、ギャンブル依存症専門のサポート機関を用意しています。

ギャンブル依存症専門のサポート機関は利用規約でも紹介しているのでユースカジノでは例えギャンブル依存症になってもサポートしてくれる機関がある安心感がありますよ。

もちろん、ギャンブル依存症にならないのが1番いいのですが・・・。

万が一、ユースカジノでギャンブル依存症の疑いが出てきた場合は下記の連絡先に問い合わせてください。

HP:https://www.gamcare.org.uk/

Eメール:info@gamcare.org.uk

TEL:(+44)020-7378-5200
(+44)0845-6000133

HP:http://www.gamblersanonymous.org/ga/

Eメール:isomain@gamblersanonymous.org

TEL:0207-384-3040

HP:https://www.begambleaware.org/

 

上記のどれかに問い合わせればギャンブル依存症改善に向けてサポートしてくれます。

ギャンブル依存症になっているかもしれないと思った段階で問い合わせられる環境が整えられているので安心してユースカジノを楽しめます。

万が一のサポート体制が整っていないと不安ですからね。

ギャンブル依存症になったあとのフォローがあるのはちょっと安心だよね!

ユースカジノは歴史が短くても信頼できる!

ユースカジノは2020年からとあまり歴史は長くありません。

ユースカジノ自体の歴史はあまり長くありませんが、ユースカジノの運営会社も安定して運営を行なっているので安心して登録、プレイができます。

ユースカジノは歴史が短くても安定したプレイ環境の提供ができているためプレイヤーからの評価も高いです。

ユースカジノなら歴史の観点以外からでも安心してプレイができますよ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました